いいヘナ オンラインショップ

ケミカル成分ゼロの天然成分100%ヘナ商品やシャンプー&リンスの販売

 

店長日記

こんにちは!店長の福田です。

当店ではお客様に安心して、安全で高品質のヘナと植物性トリートメントをお届けするために、安心できる化粧品メーカー様のもののみをお取り扱いいさせていただいています。
ぜひお試しくださいませ。

携帯ページ

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park
トップページ»  自然農法茶について

山本農園茶の特長

1,農薬・化学肥料・除草剤を一切使用しない自然農法


自然農法とは、「耕さない」、「除草しない」、「肥料を与えない」、「農薬を使用しない」を特徴とする農法。
肥料や農薬を使用する従来農法(有機農法も含む)と異なり、基本的に播種と収穫以外の作業を行わず、自然に任せた栽培を行います。
(Wikipediaより) 
山本農園茶の残留農薬試験を行った結果、験結果報告書(No.D2100026-1)により226種の農薬成分を分析したが検出しませんでした。(社団法人 熊本県薬剤師会)

2,堆肥も自家製


一切の化学肥料は使わず、自然の素材を組み合わせて最も適した自然堆肥を手作りで行っています。
使用済みほだ木、枯葉、枯れ草と米ぬかを堆肥の原材料に使い、16年間土作りを行ってきました。

3,無謀な挑戦


山本農家の山本さんご夫婦は、20年ほど前にある講演会で農薬や化学肥料の使い過ぎの恐ろしさを感じ無農薬栽培への転換を決意しました。
そして4年間の試行錯誤の末、思いを実行に移す時が来たため一念発起し16年前より土作りをスタート。
農薬と化学肥料によって土が固くなり、根張り状態も悪い今までの土地を一気に無農薬へ転換しました。
その年のお茶はすべて枯れてしまいましたが、その後の堆肥づくりに精進され、土は蘇っていきました。
静岡県袋井市の茶畑では、この自然農法でお茶を栽培している農家は山本農園の1件のみです。

4,自然との共生


無農薬と手作り堆肥だけでは、茶畑の葉を荒らす虫が繁殖しますが、感謝の声を掛けたり、愛情あふれる波動を送ることによって、不思議な現象を体験することができました。
虫の繁殖に伴い、天敵も増えるおかげで虫の被害が比較的少なくて済んだり、地中の酸欠によって根っこに付いたカイガラムシを駆除するために、木の根元に鉄棒で穴を開け、酸素を送り、ぼかし肥を送ったら効果てき面でした。

5,土作りに貢献したバイオ健康肥料


たくさんの微生物は土壌改良を行い、病害菌から植物の根を守ります。
微生物の四天王は、糸状菌、放線菌、酵母菌、細菌(バクテリア)で、これらの微生物をバランスよく増やしていくことが大切です。
そして出来た作物の味にコクを出し、栄養価に富み、果物の場合は糖度を増し、花々は鮮やかに長く咲き続けます。
山本農園の手作り堆肥には欠かせない物となっています。

6,食べられる無農薬茶の芽
指示通りの量の農薬を散布したお茶は安全だと言われています。
他の農作物は食べる前に洗えますが、お茶の葉を洗うことは残念ながら出来ません。
また何年も、何十年も農薬を使い続けていると、茶畑の土は固くなり茶葉の色も黒ずんできます。
山本農園の茶葉は、そのまま摘んで食べても、柔らかくて香ばしさが口に残ります。
もちろん農薬散布の茶葉を生で食べることは危険です。

お茶の知識

1,お茶の種類は製造工程で決まる


一般的に日本茶というと、緑茶をさしますね。
その原料となる茶葉の木は、ウーロン茶や紅茶の原料と同じツバキ科に属する常緑の低木です。
では、同じ茶葉が、どこで緑茶・ウーロン茶・紅茶にそれぞれわかれるのでしょうか。
生の茶葉には、茶の葉を発酵させる酵素が自然に付着しています。 その酵素は、茶葉に含まれる「タンニン」を栄養として増殖し、その結果、茶葉を発酵させます。
製茶の過程で、その酵素を増殖させて茶葉を発酵させるか、酵素の働きを停止させて発酵を止めるか、の違いから、お茶は不発酵茶(緑茶)、半発酵茶(ウーロン茶など)、発酵茶(紅茶)に大別されます。
さらに不発酵茶の製法は、蒸し製(日本式)、釜炒り製(中国式)に分けられます。
 

2,お茶の種類


●不発酵茶(緑茶)
生の茶葉に含まれる酵素の働きを最初から停止させ、発酵を停止させて緑のままに造るのが緑茶です。

●蒸し製(日本式)
日本茶のほとんどが、蒸し製茶です。
酵素の働きを止めて発酵を停止させるために、茶葉に高温の蒸気をあてて蒸す製法です。
この蒸し具合がお茶の色や味の決めてとなりますので、大変重要な製茶の工程といえます。

●釜炒り製(中国式)
釜炒り製という方法で造られたお茶のことを釜炒り茶といい、中国で広く普及しています。
酵素の働きを止めて発酵を停止させるために高温の鉄鍋で炒る製法です。
日本では九州の一部で造られています。

●半発酵茶(ウーロン茶など)
生の茶葉に含まれる酵素を途中で破壊し、発酵作用も停止させて造るのがウーロン茶などの半発酵茶です。

●発酵茶(紅茶)
生の茶葉に含まれる酵素を十分に活用し、茶葉のタンニンを100%酸化させたものが発酵茶です。発酵と同時に、茶葉に含まれる葉緑素が分解されるため茶褐色になります。

●後発酵茶(プ-アル茶など)
緑茶を造った後、二次加工として造られるもので、緑茶にこうじカビを繁殖させたものです。
 

3,八十八夜茶


八十八夜は、立春から数えて八十八日目にあたる日のことをいいます。
この日は二十四節のひとつに数えられ、春から初夏へと変わる節目の日とされてきました。
特に農業に関わる人たちにとっては、米の漢字の構成が八十八であることや、この時期を境に繁忙期を迎えることからも重要な日と位置付けられてきました。

div class="regist_d01">

4,一番茶、二番茶、三番茶、四番茶


日本ではお茶摘みの時期が1年に4回あります。
新茶(一番茶)は、立春から数えて八十八夜前後(5月上旬)にやわらかい新芽を摘み取ったもの。
香りが良く、味わい深いのが特徴です。一番茶から数えて約45日後に摘まれるのが二番茶。それからまた約45日後が三番茶です。
夏の強い日差しを受けて育ったためタンニンが多くなり、新茶よりも渋みが強くなります。
四番茶は10月頃に摘まれます。秋になり日差しが弱まるので二番茶、三番茶に比べて渋みは和らぎます。
このように、茶葉を摘む時期によっても、お茶の味が違ってくるのです。
 

5,お茶畑の中にある電柱の上の扇風機


防霜ファンといいます。摘み取り前の新芽、特に一番茶の新芽が出始める3月上旬頃から5月初旬の摘み終りまで、春の遅霜の被害から守るために設置しています。
外気の上層部が暖かいことを利用し、お茶畑に近い下層部に設置してある温度センサーが設定温度以下になると自動的に回り、暖かい空気を下へ送る役割をしています。
 

6,お茶の製造


-1,栽培
 -1-1, 茶樹を育てる
お茶の苗を植えて成木園になるまで約5年かかります。成木園になってから約30年間、現役として働きます。
施肥をしたり、敷き草をして夏の日照りや冬の寒さから守りながら、丹精こめて育てます。

 -1-2, 収穫(摘採)
4月中下旬から一番茶を収穫し始めます。二番茶はそのあと約50日後に収穫します。
各収穫後は、樹勢回復のため、防除・施肥・整枝を行います。

-2,製造工程
①給葉機:集められた生葉を蒸し機に送ります。
②蒸し機:生葉を蒸気で蒸します。
③冷却機:表面の水分を取り除きながら冷やします。
④粗揉機:熱風で揉みながら乾かします。
⑤揉捻機:水分の均一をはかりながら揉みます。
⑥中揉機:ふたたび熱風で揉みながら乾かします。
⑦精揉機:熱と力を加え形を整えながら乾かします。
⑧乾燥機:茶を充分に乾かします。
これ以降、各製茶工場で仕上られた荒茶は、茶商へと集められます。
そこで、形を整え火入れをすることにより独特の茶の香りや味をひきだし、次に木茎や細い茎を取り除き、最後に品質の平均化や一定レベル以上の確保のためブレンド(合組ごうぐみ)を行い、小売店の店頭へと並びます。
 

7,緑茶の種類


品名

特徴

玉露

製法は煎茶と同じですが、よしずなどで茶園を覆い直射日光を避けて育てた茶葉が原料で、高級茶と呼ばれます。遮光して育てたことで緑茶のうま味成分であるテアニンが増し、茶葉にまろやかで濃厚な甘みが生まれます。 カフェインや、葉緑素も豊富です。 玉露より遮光期間が短いものはかぶせ茶と呼ばれます。

煎茶

最も一般的なお茶です。摘み取った新芽を蒸してから丹念にもみ、乾燥させたものです。

深むし煎茶

煎茶と同じ製法で作られますが、蒸す時間を長くして、渋みを抑えマイルドな味に仕上げたものを深蒸し煎茶と呼び、味や色が濃いのが特徴です。甘味のあるまろやかな味と深い香りに仕上がっています。 色・味の濃さのわりにやさしいお茶です。

茎茶(棒茶)

煎茶や玉露、抹茶を製造する過程で取り除かれた茎や棒から作られますが、特に高級な茶葉の茎茶は「雁が音(かりがね)」と呼ばれ、珍重されています。煎茶の茎茶は煎茶の入れ方、玉露の茎茶は玉露の入れ方でそれぞれ楽しみます。すがすがしい香りとさっぱりした味わいです。

番茶

番茶も製法は煎茶と同じですが、大きくて硬めの茶葉が原料です。苦味や渋味がはっきりしており、食後に飲めば口の中がスッキリ爽やかに。

抹茶

玉露などと同様に遮光して育てた茶葉を蒸した後、もまずに乾燥させてから葉脈を取り除いたもの(てん茶)を石うす(茶臼)で挽いて粉にしたものです。茶道で使われます。

ほうじ茶

番茶や煎茶の茶葉そのものを強火でいって香ばしくさせたお茶です。さっぱりとした味わいなので、こってりとした食事の後などに適しています。カフェインやタンニンが少ないので就寝前やお子様にも好まれます。

玄米茶

玄米茶は、炊いた玄米を高圧で炒り、番茶などに混ぜたものです。玄米独特の香りが茶に風味を添えています。あっさりとした味わいで後味もさっぱりとしているので、油っぽくこってりとした料理によく合います。

粉茶

お寿司屋さんの「あがり」でおなじみのお茶です。煎茶や抹茶を加工する過程で出た粉や、選別された芽先などが原料です。値段がお手頃で、色・香り・味も十分に楽しめます。さらに料理にも利用しやすい便利なお茶です。

粉末茶

煎茶を粉にした新しいタイプのお茶です。冷たい水にもよく溶けるので、そのまま水に溶いて冷茶にしたり、お料理に使ったりと様々なアレンジができます。お湯さえあればお茶が入れられ、茶がらが出ないので便利です。従来では茶がらに残っていたビタミンEやビタミンA、サポニンなどのお茶の成分も丸ごと摂取できます。

玉緑茶(蒸し製)

茶葉を蒸熱し、勾玉形に製造したもので、茶の形状からぐり茶ともいいます。さっぱりとした味わいです。

玉緑茶(釜炒り製)

鉄製の釜で茶葉を炒って仕上げたもので、丸い形です。釜炒茶または釜茶といいます。炒った香りが特徴です。釜炒り製は中国式ですが、日本では主に九州地方で作られます。


8,標準的なお茶の入れ方


 

茶碗数

茶量

湯の温度

浸出時間

 

茶碗数

茶量

湯の温度

浸出時間

玉露(上)

10g

50℃

2分30秒

煎茶(並)

10g

90℃

1分

玉露(並)

10g

60℃

2分

番茶

15g

熱湯

30秒

煎茶(上)

6g

70℃

2分

ほうじ茶

15g

熱湯

30秒

※2煎目の場合は、お茶の葉が開いているのでおよそ3分の1の時間になります。