いいヘナ オンラインショップ

ケミカル成分ゼロの天然成分100%ヘナ商品やシャンプー&リンスの販売

 

店長日記

こんにちは!店長の福田です。

当店ではお客様に安心して、安全で高品質のヘナと植物性トリートメントをお届けするために、安心できる化粧品メーカー様のもののみをお取り扱いいさせていただいています。
ぜひお試しくださいませ。

携帯ページ

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park
トップページ»  難聴の方に朗報»  骨伝導について

骨伝導について

詳細情報

一般で言う「音」の正体とは空気の振動です。 音を出すもの(音源)が振動することで空気が震え、その空気の震えが耳にまで届くことで 「音が聴こえる」のです。ところが、全く別の音の聴き方があることをご存じでしょうか。 それが「骨伝導」と言われる方法。「骨で音を聴く」ことなのです。

骨伝導タイトル1
まず、音を聴くしくみというものを見てみましょう。
空気の振動である音は、まず耳へと届き、耳の奥にある鼓膜を震わせます。 鼓膜に伝わった震えはさらに奥の耳小骨を震わせ、やがて蝸牛という渦巻状の器官に届きます。 この蝸牛から、音は脳に届けられるのです。(図1参照)
ところが、蝸牛に音を届ける方法は鼓膜を通る道筋以外にもあります。 言わば、耳から聴く以外の「もう一つの聴き方」。その鍵が「骨」です。 実は、空気を震わせるのと同じように「骨」を震わせることで、その振動を蝸牛に届けることが可能です。 蝸牛に振動が届けば、それは音として脳に伝えられます。 このような「骨の振動」によって音を聴く方法を「骨伝導」というのです。 現在、骨伝導を利用したさまざまな製品が現在販売されています。 主流はこめかみ付近の骨に装置を当てるタイプ。この装置が震えることで頭がい骨を振動させ、 その振動を蝸牛に伝えるという形です。

耳断面図 女性装着イメージ

音は蝸牛から脳に届けられます                 主流はこめかみ付近の骨に装置を当てるタイプ(現販売品とはデザインが異なります)

骨伝導の原理

骨伝導タイトル3骨伝導がもっとも期待されている分野が、難聴への対策。まずは難聴とはどういうものか見てみましょう。
音を聴く機能は大きく分けて、鼓膜や耳小骨などの「伝音系(音をとらえる部分)」と、 蝸牛や聴覚神経などの「感音系(音を脳に伝える部分)」の二つがあります(下図参照)。 骨伝導はこのうちの伝音系の異常である「伝音難聴」に効果を発揮します。 難聴の度合いや個人の症状にもよりますが、軽度〜中度の伝音難聴であれば、 骨伝導によって音を聴けるケースが多く報告されています。
また、伝音難聴と感音難聴両方の性質を持つ「混合難聴」 (お年寄りの難聴の多くは混合難聴であると言われます)にも効果があります。

原理構造図

骨伝導タイトル4

「骨伝導に危険はないの?」というご質問を当店でもよくお受けします。 「骨伝導は頭がい骨を振動させるので、脳に悪影響がある」という噂も時折耳にしますが、 そんなことは決してありません。骨伝導に使われる「骨を震わせる音(骨導音といいます)」 は特別なものではなく、普段の生活の中で常に接している音だからです。
どこで接しているかというと、それは「自分の声」。 実は、頭がい骨とは自分が声を発するたびに震えているのです。 もちろんその震えは音として蝸牛、そして脳へと伝わっています。 私たちは、耳から入ってくる音と、骨伝導の音の両方をいつも聴いているのです。
つまり、骨伝導の振動が健康を害するということはありません。 振動で言うならば、骨伝導製品の発する振動より、 自分で大声を出したときの方が振動が大きいほどです。
骨伝導製品が発する電磁波についても問題はありません。 ほかの電気製品と同じように電磁波は発生していますが、ごく微弱なもの。 自然界に存在する電磁波と同レベルの強さです。安心して骨伝導製品をお買い求めください。
 

ヘッドホンタイプへリンク  イヤホンタイプへリンク