いいヘナ オンラインショップ

ケミカル成分ゼロの天然成分100%ヘナ商品やシャンプー&リンスの販売

 

店長日記

こんにちは!店長の福田です。

当店ではお客様に安心して、安全で高品質のヘナと植物性トリートメントをお届けするために、安心できる化粧品メーカー様のもののみをお取り扱いいさせていただいています。
ぜひお試しくださいませ。

携帯ページ

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park
トップページ»  ヘナ関連情報

イフズのヘナの詳細

イフズのPSシリーズ


高品質の作り込み
ヘナ葉は最上級のものを仕入れ、インドのISOを取得した専属工場にてグラインディングしています。ヘナの枝や埃砂等を機械化と人間の手によって丁寧に取り除き、キメの細かいパウダーに仕上げています。製造工程の良否が品質を決めるために、厳しい品質管理の元に半製品までインドで製造しています。

イフズのインド工場
■ヘナの産地
インドの首都デリーから南西に向かって約
500kmの地点、広大な砂漠の中の乾燥地帯です。ソジャットには、ヘナ畑が約25万ヘクタール広がり年間20000
トン以上出荷しています。現在当社のヘナの産地もここになります。
ソジャットのヘナ農場
国内検査

輸入されたヘナやその他ハーブは、品質検査の為に国内の化粧品会社まで送られます。ハーブパウダーの目視検査によって、不純物除去チェック、封入、ラヘリングを行い、同時に発色具合をチェックしてロット番号打刻して完成します。
国内ヘナ工場
■長期保存のための厳密なパッキング
厳選されたパウダーをビニールに二重に詰め、更にアルミパウチで密封しています。空気と紫外線による品質の劣化を最小限に抑えます。
ヘナの中身
価格
1,260円~2,310円(税込) 100g入り

チャンドラのヘナの詳細

チャンドラのヘナシリーズ


ヘナ歴20年の美容室として
数々のメーカー様のヘナを美容室として使用してきましたが、中々満足のいくヘナと出会うことが出来ませんでした。特に成分にこだわり、安心で安全な本物のヘナを世界中の方に知っていただきたいと思い、自分ブランドのヘナを作ることにしました。
美容室チャンドラでの施術
◆美容師として悩み続けたヘアカラー
日本の美容業界では簡単に染まるアルカリ性カラーリング剤が主流で、近年ヘナの流行に伴いヘナ施術を取り入れている美容室も少なくありません。しかし、ヘナ&ハーブも簡単に染めたいと考えている美容師が多く、結果化学薬品入りヘナが美容室で広まっていきました。ブームでヘナをするのではなく、本当にお客様の立場に立って、健康と髪の毛の修復を考えたヘアカラートリートメントを広めていくために、自分ブランドの販売に取り組みました。
小笠原琢磨
ヘナとハーブの本質を知ってほしい
化学成分入りヘナと、天然100%のヘナ&ハーブはまったく異なったものと思って間違いありません。一言で天然成分のものはハーブトリートメントであってヘアカラーではありません。カラー剤のように髪の色を明るくしっかり染めるものではないということです。髪や頭皮を健康な状態に整える為のヘアケアが第一義的であり染色効果はその次なのです。古代エジプトやペルシャの時代から何千年も延々と語り継がれてきたものです。インドのアーユルヴェーダでは体内に溜まった毒素を浄化したり、細胞の活性化を促すことでこれらハーブを取り入れています。現代のストレス社会において必要な『人間の自然治癒力を目覚めさせる』パワーを与えてくれる薬草だという認識はまだまだ少ないようです。
価格

1,400~2,420円(税込) 100g入り

山澤清のヘナの詳細

山澤清のヘナ

◆ヘナとの出会いで新たな挑戦
ハーブ研究の第一人者として有名なハーブマイスター山澤清。自らもハーブ化粧品を多く製造販売している。ヘナとの出会いは、ヘナエキスを抽出した試験製造がきっかけでした。現在販売されているヘナの中には、天然ハーブだけを配合したカラーリング用ヘナパウダーが少ないことに驚き、インドから原料のみ輸入し、国内で成分分析、不純物除去、ブレンド、パッキング、官能・品質テストなどの一連の工程を自ら運営する研究所内で行った。人も自然の一部という考えで、利益一辺倒のヘナビジネスに対抗して、本物のヘナにこだわってみた。

山澤清
◆ハーブ研究所SPURのパックボーンは庄内平野
山形県の北西部、日本海に面して広がる庄内平野は、国内有数の穀倉地帯。
北方向には鳥海山(出羽富士)を望み、主に稲作を中心に農業が盛んな地域で、30万余の人々が生活している。天候は、天候は南東の季節風が山を越えフェーン現象
となるため、好天で乾燥した日々が続く。冬季は暴風を伴った雪となり地吹雪となる日がしばしばで、過酷な自然環境といえる。ここで自然との共生で目覚めた山澤清は、本物のハーブ作りに専念している。
庄内平野にあるハーブ園   ハーブ園近くの狩川駅舎
◆価格
1,470~2,100円(税込)  100g入り

 


◆ヘナとの出会いで新たな挑戦

ヘナとハーバルヘアウォッシュの人気

昨年大賞を受賞したイフズのヘナとハーバルヘアウォッシュ
人気商品に選ばれたイフズのヘナの記事
 
宝島社出版40歳代女性対象{GLOW}創刊に当社ヘナが記事紹介
創刊号GLOWで当社ヘナが人気商品としての紹介記事 2011年秋号でも当社ヘナの紹介記事

ハーバルヘアウォッシュの購入画面へ

イフズのヘナ注文画面へ

チャンドラのヘナ購入画面へ

山澤清のヘナ購入画面へ

画期的バラの花入ヘナ

画期的、バラの花びら入りのヘナ・トリートーメント登場
バラ園 バラは古来から女性に愛され、女性の身体と心の浄化に一役買ってきました。すなわち悪いものを取り除き、からだが持つ本来の機能を活性化させることが古代の人々によって信じられてきました。医学会ではバラは免疫力を高めてくれる数少ない花として薬剤の原料としても使用されています。現代医療でも、免疫力を高める予防医学という視点で注目されるキーワードのひとつになっています。健康と美はどちらが欠けても成り立たないもの。女性のさまざまな悩みの根本に、深く優しく働きかけてくれるバラを乾燥させて、パウダー状にしたものをヘナとトリートメントパウダーに混ぜました。国内初の画期的商品をぜひお試しください。
こんな方へおすすめします
1,ヘナの匂いが気になる方(バラの強い香りによって匂いを緩和します)

2,鼻炎などでハーブパウダーが苦手な方

3,頭皮に悩んでいる方(バラに含まれるポリフェノールによって)

4,ヘナのオレンジ色を和らげたい方(発色トーンをやや抑えます)

5,バラの持つリラックス効果でヘナタイムを楽しみたい方
バラの花のパウダー
 
乾燥バラの花
特長
乾燥させたバラの花びらによく含まれているのは、ビタミンCをはじめとした、ビタミン類です。したがって、お肌の調子が悪いときなどに、肌を整える効果があります。バラには優雅な香り持っているものが多く、その香りによって精神安定や、安眠などの効果もあるといわれています。また乾燥したバラをハーブティーにしていれると、とっても優しい、甘い香りが広がります。その香りは、「香りの女王」とも言われるほどで、香水などにもっともよく使われています。
●多様性
バラの優雅な花びらや、美しい色合いから、女性にはとっても人気があり、観賞用として、化粧品、香水、お茶だけでなく薬の原料としてもその用途には枚挙にいとまがありません。現代の女性たちにとっても、化学成分に頼らずに植物の力でいつまでも美と健康を保ちたいなら、バラは一番の味方になるはずです。そして古来から生命力を宿す植物として愛用されてきました。
乾燥したバラの花
生のバラの花 バスローズ インド製バラのパウダー
 
薬用成分としてのバラ
美しい薔薇は、見る人を夢の世界へと誘います。でも薔薇は姿形が魅力的であるだけではなく、じつはこの上なく有用な薬草なのです。その数多い効能ゆえにまさに「万能薬」として、古くから医療や美容に使われてきた歴史があります。
インドのアーユルヴェーダでは、薔薇はからだのバランスを調整し、よみがえらせる効果があると考えられています。とくに心臓、眼、皮膚によく、血液の濁りを取る効果も高いとしています。エジプト人も薔薇の花びらを脂肪に浸けてクリームを作り、皮膚病の治療に使っていたのです。
血液循環の活性化 女性ホルモンバランスの調整 更年期障害の緩和
肌の活性化 肌の活性化 痛んだ皮膚の修復
痛んだ皮膚の修復 冷却・沈静効果 殺菌消毒作用
消臭効果 a a
※ご注意---上記の薬用効果は当社「バラ入りヘナ」の効果効能ではありません。あくまでも、バラの花に含まれる成分だけによるものです。

高品質を作り込む過程

1,ヘナの中心地ラジャスタン州ソジャットがヘナの主な産地

ヘナ故郷へ向かう拠点ジェドプール
インドの首都デリーから南西に向かって約500kmの地点、広大な砂漠の中の乾燥地帯です。ソジャットには、ヘナ畑が約25万ヘクタール広がり年間20000トン以上出荷しています。現在日本へ輸出されるヘナは、ここで栽培されたものが大半です。
 
2,ヘナの収穫期は年に二回

ヘナ収穫風景
ヘナは3月と9月の年に二度採取されますが、インドで最も暑い5月から7月を過ごしたヘナの発色がとても良いとされています。採取は根元を鎌みたいな物でバッサリと切り落とし、2日間乾燥させます。乾燥後は枝を振れば乾燥した葉だけが落ちますが、この場合枝も一緒に落ちてしまうことがあります。インドも現在は機械化が進んでおり、機械で枝と葉をより分け葉のみを袋詰めします。これをインドのデリーにあるヘナ市場へ送られオークションによる取引が行われます。ソジャットの市場で買い付けたデリー郊外に集中しているヘナ製造元は自社工場にてパウダー化します。
 
3,ヘナの産地でもパウダー化

ソジャットの工場では乾燥したヘナの葉をパウダー化して出荷するケースもあります。
乾燥したヘナの葉は、更に不純物を取り除くローリングマシーンに入れて、混入した枝や種を出します。その後にグラインダーにかけてパウダーを製造します。専属工場で製造しているヘナは品質安定性も良いですが、農場にてパウダー化されたものは品質は良くないので、仕入れの際には気を付けなくてはなりません。
 
4,パウダー加工工場はISO取得

ISO取得工場にて製造
デリー郊外には多くのヘナ工場があります。その大半は、日本で禁止されているジアミン等が入っているケミカル成分入りヘナを世界各地へ輸出販売。また鮮やかなオレンジ色に発色させる為にピクラミン酸を混入させているもの。また塩基物質やHC染料を入れて着色させるヘナなどさまざまな化学的成分を含有させています。つまり純粋に天然ヘナやハーブパウダーを製造している企業を探すことは困難ですが、唯一国際基準のISO9001と2000を取得した優良工場であることが安心の証です。
 
5,インドのヘナ収穫地と国営市場

国営市場でのヘナのクラス分け
ソジャットのヘナはどれもが「有機農産物」で、すべての農場が同じです。農場から出荷されるヘナの品質は栽培地域により多少違いはあるものの品質はほぼ同じです。ソジャットの市場では大きく6段階のクラス分けをしていますが、他地域の安価なヘナをブレンドして、無制限にクラス分けして販売されているのも事実です。また有機栽培、無農薬は当たり前、販売側がヘナの価値を高めるため、色々『うたい文句』を述べています。「当社のヘナは若葉だけを使った高品質ヘナ」「オーガニック栽培の安心ヘナ」など・・・。実際、ヘナはマーケットのオークションで売買、政府下で管理されて、農家との直接取引はありません。
 
6,高品質の決め手は製造工程にあり

イフズのヘナは3重パック
パウチを丁寧にシーリング
同一地域で栽培されるヘナの品質は農場ではなく、買い付けたバイヤーがどのように加工するかで決まります。加工で最も大事なのはパウダーの粒子の大きさです。粒子が荒いと当然髪の毛のタンパク質に付きにくく、細かすぎても発色に問題がありました。繰り返しのテストによって、最適の粒子サイズがあります。パウダー化されたものは、乾燥機にかけられ、完全に水分を蒸発させます。雨季に入ると、空気中の水分を吸ってしまうので、常にドライヤーで乾燥状態を維持させています。ナチュラルヘナ以外の他のハーブパウダーとのブレンドヘナの場合は、次の工程のミキサーによって、ミックスされます。最後に大事なのは、パッキング工程です。パッキングの際に空気が入ると空気中の水分を含み、酸化が速く進むので、細心の注意を払い空気を抜いています。パッキング後は、ビニールを二重にすることによって、外気と遮断しています。
パッキング工程は機械化されていないため、人の手によって行われているのが現状です。そのため完全な真空状態は作ることはできませんが、極めてていねいに空気を抜く必要があります
 
7,白髪染めとしては最も効果的なインディゴとの組み合わせ

茶色のパウダーはヘナ100%
青緑のパウダーはインディゴ100%
インディゴは別名WASMA、BASMAとも呼ばれています。南インドでは通年収穫され 主に医療品の原料として使われますが、近年ヘナの普及に伴い染色用としての需要が増えてきました。高品質なインディゴパウダーの製造の鍵は、急速乾燥の技 術に関わっています。南インドで採取されたインディゴは、農場にて灼熱の太陽の下で天日干しされ、工場まで空輸されます。そして、グラインデングも雨天で は行わず、晴れた乾燥した日に行うことによって、水分が含まれることを防止します。こうして出来たインディゴは鮮やかな紫色に発色します。ヘナのオレンジ 色とインディゴの紫色の組み合わせによって、さまざまな茶色を作り出すことができます。
 
8,受注生産方式の製造会社がベター

出荷を待つインドの原料メーカー
注文すると工場では、生産済み在庫は持たず、注文と同時に製造に入る会社が安心です。常に新鮮なパウダーをお届けできる会社は多くありませんが、発注から日本到着まで、約2週間程は一般的なリードタイムです。ヘナを初めとした各種植物性トリートメント用原料の輸入元として日本の化粧品製造認可を持つ化粧品メーカーが行います。
 
9,国内の化粧品メーカーで・・・・

日本の研究機関で原料チェックとパッキング
原料が国内に到着しますと、化粧品製造会社の最終製造ラインに送られます。日本では、ヘナを化粧品として販売することが認められていますが、あらかじめ化粧品製造免許を持った化粧品会社が、厚生労働省宛に事前の届出をされているものでなくては製造できません。インドで半製品として輸入したパウダーは国内の化粧品会社において更に粒子サイズを均一化する必要がある場合、微細なメッシュを通してフルイにかけます。またパウダーの色・匂いと目視検査によって、不良品を除去。その後パッキング、ラベリングを行い完成品へ仕上げていきます。
 
10,違法ヘナの氾濫

現在国内に輸入されるヘナの場合、発色を良くしたり、特殊な色を作り出すために化学物質を混入させるケースが大変多く、また化粧品認可を取らずに不法に販売しているヘナが氾濫しています。これら化学物質は、医薬部外品扱いの成分の場合が多く、規定値を超える場合は、皮膚炎や内臓疾患を引き起こす大変危険なものです。また発がん性が疑われる物質も大変多く、化粧品として厚生労働省への届出が出来ないこれら物質を含有したヘナを天然100%とうたってしてインターネット上で販売している企業や個人事業者が増えています。したがって各種トラブルも多く最近、国民生活センターへ訴えるケースも増加。それによって、いくつかの輸入会社や販売会社も取り扱い中止命令を受けるようになっています。
化粧品ヘナは全成分表示が義務付けられ、輸入および製造に関われるのは、化粧品製造免許を有する企業のみとなっています。また化粧品登録品は、製造ロット番号の印字も義務付けられ、問題が発生した場合に、その販売・製造ルートと製造時期・採取時期までの過去の製造履歴を追跡できるようになっています。
 
11,安心・安全を求めて

日本の分析機関で安全性チェック
輸入した半完成品の各種パウダーを製品化するために国内の化粧品メーカーで品質検査を行います。この検査でも、更に1?2%の不良品を発見することができます。また、一切の化学成分が含まれていないことを証明する為に、国内の第三者研究機関によって成分分析も行っています。
ヘナに含まれる不純物の割合は、製造工程によって異なります。不純物の種類としては塵・ほこり、ヘナの枝部分、グラインダーの粉および砂が主で、インドの国営市場に届いた時点では不純物割合は約8?10%。インドのパウダー製造工場では限りなくゼロに近づけて、純度アップを行っています。また、アルミパウチは国産の食品用として使われている品質基準の高いジッパー付を採用して、安全性に配慮した仕様に仕上げています。
 

ハーバルヘアウォッシュの購入画面へ
ハーバルヘアウォッシュ(パウダーシャンプー)
イフズのヘナ購入画面へ

イフズのヘナPSシリーズ

チャンドラのヘナ購入画面へ

チャンドラのヘナシリーズ

山澤清のヘナ購入画面へ
山澤清のヘナシリーズ